BACK   NEXT
HOME  SHOPPING  大きく見たい/CD04
 

クッション

AA01  AA02  AA03  AA07  AA12  AA13  AA14  AB01  AB02  AB06  AB07  AB09  AB10  AB12  AB15  AB16  AB18
BA01  BA02  BB01  BB02  BB03  BB04
 BD02  BD03  BD04  BD05  BD06  BD07  BD08  BD09  CA01  CA02  CA03
CA04  CA05  CA06  CB01  CD01  CD02  CD03  CD04  CD05  CD06  CD07  CD08  CD09  CD10  CD11  CD12
CF01  CF02  CI02  CI03  DD01  DD02  DD03  DD04  EB01  EB02  EB03  EB04  EB05  EB06  EB07  EB08  EB09  EB10
EI01 
FD01  FI01  FI02  FI03 FI04 FI05 FI06 FI07 FI08 FI09 FI10 FI11 FI12 FI13 FI14 GB01 GB02 GB03 GB04
GB05
 GB06 GB07 GI01 GI02 GI03 HI01 HI02 HI03

ソファカバー

CR01   CR02   CR03

ブランケット

CO01  CO03  CP01  CP02  CP03  EP01  EP02  EP03  EP04  EP05  EP06 FP01 FP02 FP03 FP04 FP05 FP06

ルームシューズ

FS01 FS02

小さな雑貨

GV01-1  GV01-2  GV02-1  GV02-2  GV02-3  GV03-1  GV03-2  GV03-3  GV04-1  GV04-2  GV04-3  GV04-4
GV04-5
  GV05-1  GV06  GV07  GV08
 
 
商品番号  CD04 1点ものにつき追加オーダーはできません SOLD OUT
 
 
     
お取り扱い:
レーヨン使用のため、手洗いにより若干縮む可能性がありますので、ドライクリーニングをおすすめします。
なお、手洗いの際は弱アルカリ性洗剤で30℃位の
ぬるま湯で軽く(弱く)押し洗いをして下さい。洗濯機洗いは避けてください。
サイズ 40x40cm(ワンサイズのみになります)
素 材 表:


ポリエステル100%・レーヨンなど、
3種類の生地を縫い合わせてあります。
リボン:ポリエステル100%
綿100%ししゅう糸・飾りボタン55個使用
ファスナー位置:裏中央
裏: ポリエステル100% (ジャガード織り
中材: フェザー100%

 

 

リボンステッチは全て手縫いです
直径5ミリ程の小さなボタンが55個、センター部分に散りばめてあります
ぬいぐるみの服などに付いてるボタンの大きさで、ブルー・ホワイト・ワイン・ラベンダーの4色
触れた時のデコボコな感じが何ともかわいいんですよ
 
[表面] [裏面]も使用しました
ポリエステル100%素材 ジャガード織り
中央のパステルピンクとサーモンピンクの生地はレーヨン100%
リボン:ポリエステル100%
縫い合わせ部分はミシンステッチで

 

 

「ジャガード織り」って?

比較的大柄な模様を、機械(装置)を使って織る、模様織りの事をいいます。模様の制限がほとんど無く、どんな模様でもそのまま織ることができるそうです。
「ジャガード」とは、この装置を発明したフランス人の名前なんですって。装置の事も「ジャガード」って呼ぶそう。まさに「ジャガードづくし」・・・・。
ちなみに、「ドビー織り」は、「ジャガード織り」より少し小さめな模様織りの事を言います。
top
 

 
 

「ポリエステル」について

「ポリエステル」は皆さんご存知の通り「ナイロン」とならんで、合繊繊維の代表選手のような存在ですよね。「丈夫で、ジャブジャブ洗えて汚れ落ちがいい」というのが、思い描くイメージだと思います。しかし、現在では、ハイテク技術によって、よりシルクに使いデリケートな繊維になりました。
そして、世界中の繊維メーカーやテキスタイルデザイナーは再生可能な環境に優しい繊維として、今、最も注目している繊維の1つなんですって。皆さんの周りを見渡してみれば、きれいなプリント柄のブラウスやスカートなど、たくさんのポリエステル素材(または、混紡)の商品がウインドーを飾っていますよね。

いろいろな面で優れているポリエステルも、吸湿性がとても低い点が「どうも苦手で・・・」とおっしゃる方も多いと思いますが、インテリアのポイントとしてでしたら、どんどん取り入れて楽しんじゃいましょう!!

お洗濯時の注意点ですが、ポリエステルは油分を吸い付けやすく、ついた油分は落ちにくいので、「石けん」は使わない方が良いのです。石けんを使うと、汚れを取り込んだ石けんの油分を含んだ液で、ポリエステル全体が染まってしまう事があるので、注意しましょう。
そして、水によって変形したり、色落ちしたりといったデザイン上の問題がない限り、ドライクリーニングより手洗いの方がすっきりときれいに落ちます。
  top
 
 
 
レーヨンについて

レーヨンはおもに木材から取れるパルプを原料にとした、リサイクル繊維(再生繊維)です。
木材のリサイクル繊維ですから、天然繊維に良く似た性質があるんです。湿気を吸ったり、吐き出したりする力が、化学繊維の中で一番高く、綿より優れています。
ですが、水に触れた時の繊維の強さは、乾いている時の半分になってしまうという欠点もあります。水にぬれると、糸全体が膨らんで太くなるため、布の長さや幅が縮んでしまうのです。

だから、そのまま乾かすと、衣服などが縮んだままの状態になってしまうんですね。
なので、乾かす時は、元のサイズに戻すように、優しく引っぱりながら乾かしてくださいね。
こすれたりすると、擦り切れやすく、しわになりやすいのでご注意を・・。
もし、縮んでしまったら、霧吹きなどで水分を与えて、引っぱりながらアイロンを掛けて乾かすと元に戻る場合もありますよ。
  top
 

 
 
手洗いの時の「ぬるま湯」って?

「ぬるま湯」はだいたい20℃〜30℃位の湯をいいます。熱湯1に対して水2の割合で混ぜれば、おおよそ30℃のぬるま湯になります。 top

 
 

BACK   NEXT